top of page
JMAロゴ

NEWs

  • 執筆者の写真JMA

DIPS2.0 機体情報共有の手引き


DIPS2.0での運営がスタートして、飛行許可にて自分以外の機体を飛行する時には、DIPS2.0で飛行させる機体アカウントにて、機体情報を共有させる必要があります。


これの作業を行うと、所有者が違う機体でも、飛ばせるようになります。

その為には、飛行許可、飛行報告もしなければなりません。


その為に自分のアカウントにも機体の情報を共有しましょう!


ドローン情報基盤システム2.0(DISP2.0) にアクセス

法人のアカウントや、個人のアカウントでも、自分が所有している無人航空機以外を飛行させる場面もあると思います。

その場合にはもちろん飛行報告も必要になってきます。

必ず自分の機体情報を飛行通報をするアカウントで共有させましょう。



機体情報の提供をする側のアカウント】でログインします。


【飛行計画の通報・確認へ】をクリック


【無人航空機情報の登録・変更】をクリック


【他アカウントへの機体情報の提供】をクリック


【情報提供内容入力】

機体情報の提供先入力します。

【アカウントID】と【氏名または法人名】を記入し、【情報提供】ボタンをクリックします。

氏名または法人名の入力箇所へは登録している内容によっては全角スペース、半角スペースに表記されますので、同じように入力する必要があります。



【機体情報の提供をされる側のアカウント】でログインします

提供されるアカウントになっているか確認します。


【飛行計画の通報・確認へ】をクリック


【飛行計画の登録】をクリック


【新規通報】をクリック


【機体情報】をクリック


機体選択内容を確認

機体選択の画面で選択できる機体が追加されていると機体情報の共有は完了です。


共有作業は以上となります。

アカウントをどちらからログインして作業するかがポイントです。

またこの共有を1度しておくと次回からの作業はないので便利ですね。



無人航空機免許を取得の方は

【登録講習機関JMAドローンスクール】へお問合せください。


民間ライセンスで経験を必要とされる方は

【JMAライセンススクールドローンステーション一覧 】へお問合せください。


Comentários


bottom of page